宮城県 カステラ

宮城県仙台市の銘菓「萩の月」

 

仙台の定番土産「萩の月」をいただきました。

お月様系お菓子の元祖ということで、期待大です。

萩の月の特徴

  • 満月の形
  • 色はうっすらかわいい卵色
  • きめの細かいふわふわカステラ
  • 中にはたっぷりのカスタードクリーム
  • 箱を含めた3重包装で風味をキープ
  • 類似品が全国にある(札幌タイムズスクエア・御用邸の月・月でひろった卵・かすたどん等)

萩の月の名前の由来

「萩が咲き乱れる宮城野の空に浮かぶ満月」が由来となっています。

萩の月を食べた感想

カステラの食感は見た目通りにふわっふわ。

切ってみると、想像よりもクリームがたっぷり入っていました。これが意外にずっしりと重く、和風で素朴かつ卵が強い味わいです。カスタードというよりも「かすたあど」と平仮名で呼びたいくらいです。

でもこれが「想像と違う味」でした。

その理由は、札幌タイムズスクエアの方が食べ慣れているので(私は北海道出身)、クリームに違和感があったんです。

とはいえ、食べていくうちにどんどん美味しくなっていくので驚きです。

萩の月は美味しいけれど、クリームの風味によって好き嫌いが分かれる味だと思いました。

萩の月の商品概要

商品名 萩の月
製造者 菓匠三全
製造者住所 宮城県仙台市青葉区大町2-14-18
原材料 牛乳(国内製造)、卵、砂糖、小麦粉、還元水飴、乳製品、バター、でん粉/トレハロース、グリシン、乳化剤、香料、膨張剤
賞味期限 14日
保存方法 直射日光・高温多湿を避けて常温保存

萩の月を探す

菓匠三全 萩の月8個入
created by Rinker

スポンサーリンク

スポンサーリンク




-宮城県, カステラ
-