厳選!!全国の人気和菓子お取り寄せ情報館

レビュー・口コミあり。通販で買える一度は食べたいおすすめの和スイーツを随時紹介中。

饅頭 福島県

福島県郡山市の銘菓「柏屋薄皮饅頭」

2017/05/13

 

福島県だけでなく、東北を代表する銘菓「柏屋薄皮饅頭」は、伊部屋の大手まんぢゅう(岡山県)、塩瀬総本家の志ほせ饅頭(東京)と並ぶ「日本三大まんじゅう」のひとつです。

今回は、やっと通販サイトのポイントが溜まったので、お取り寄せしてみました。

スポンサーリンク

柏屋薄皮饅頭の特徴

柏屋薄皮饅頭とは、福島名物の昔ながらの黒糖饅頭です。

  • 薄皮であんこがたっぷり
  • 皮はしっとりしているのにふかふか
  • 気を付けないと皮が包みや手にくっつき破れる
  • 甘さ控えめで後に残らない
  • 滑らかでツヤがいいこしあんと、柔らかくてふっくらした粒あん
  • 黒糖風味

柏屋薄皮饅頭の歴史

嘉永五年(1852年)に、柏屋の初代本名善兵衛(ほんなぜんべえ)が考案したお饅頭です。

奥州街道郡山宿の薄皮茶屋で旅人相手に販売したところ、その忘れられないおいしさが評判を呼び、奥州街道の名物となりました。

当初はこしあんのみでしたが、現在は好みの変化によりつぶあんも使っています。

柏屋薄皮饅頭を食べた感想

こしあんは全体が薄皮で覆われていて、包みのビニールは透明。粒あんは少し餡子が見えて、包みのビニールに柏の葉が描かれています。

さっそく包みをはがしてみると、薄皮が破れてしまいました。薄皮がとてもしっとりしているので、どうしてもビニールからうまくはがれないんです。

女性ならイメージが沸くかもしれませんが、しっかりとお手入れした肌に化粧水をつけると、手にほっぺたが吸い付きますよね。それとよく似ています。

あまりに薄皮がしっとりしているので、とても驚きました。

中のあんこもツヤツヤ滑らか。柔らかさと舌触りの感覚は、薄皮ととてもバランスが取れています。さっぱりした甘さなので、ついつい食べ過ぎてしまうかもしれません。

見た目は普通の黒糖饅頭と変わりませんが、美味しい饅頭はあんこの質も全く違いますね。

粒あんは、しっとりふっくらで滑らか。柏屋薄皮饅頭は、こしあんと粒あんの両方を食べないと、絶対後悔します。

この美味しいお饅頭を、いつでも食べられる福島県の人はズルイと思いました。

さすが、日本三大饅頭のひとつですね。

柏屋薄皮饅頭の商品概要

商品名 柏屋薄皮饅頭
製造者 柏屋
製造者住所 福島県郡山市富久山町久保田字宮田127番地の5
原材料 【こし】小豆、砂糖、小麦粉、食塩、グリシン、膨張剤【つぶ】小豆、砂糖、小麦粉、オリゴ糖、食塩、グリシン、膨張剤
賞味期限 7日
保存方法 直射日光・高温多湿を避けて保存

柏屋薄皮饅頭を探す

スポンサーリンク

スポンサーリンク



フォローしていただけるとブログ更新をチェックできます

twitter

-饅頭, 福島県
-