厳選!!全国の人気和菓子お取り寄せ情報館

レビュー・口コミあり。通販で買える一度は食べたいおすすめの和スイーツを随時紹介中。

羊羹 東京都

東京都台東区の銘菓「芋ようかん・あんこ玉」

2017/05/22

 

久々に食べてみたくなった舟和の芋ようかん。

東京へ行くか、そごうの曜日限定で買うしかないのですが、たまたま寄ったスーパーに売っていました。ラッキー!!

スポンサーリンク

芋ようかん・あんこ玉の特徴

芋ようかん

  • 芋そのままの柔らかい味
  • 滑らかで甘さ控えめ
  • オーブントースターで焼き色を付けると焼き芋に
  • バターやアイスクリーム、シナモンとの相性が抜群
  • 着色料・保存料・香料を一切使っていないので、あまり日持ちがしない

あんこ玉

  • まるいあんこを寒天でくるんでいる
  • 表面はツヤツヤで、つるんとした口当たり
  • なかのあんは滑らかで比較的甘い
  • 味は「小豆」「白いんげん」「抹茶」「みかん」「珈琲」の5種類

芋ようかんの歴史

1902年(明治35年)、浅草寿町で芋問屋を営んでいた創業者小林和助が、浅草の和菓子職人だった石川定吉と共同開発したのが始まりです。

その当時、高価で庶民の口に入らなかった練り羊羹の代わりに、身近なさつま芋を使い、芋の研究、蒸し方、砂糖の量などを深く究め、完成したのが芋ようかんです。

芋ようかん・あんこ玉を食べた感想

芋ようかん、あんこ玉ともにずっしりとしていてボリュームがあります。一人分は1本と2個が丁度いい量です。

芋ようかん

きめが細かく、滑らかな芋羊羹です。寒天を使っていないのに、うまく羊羹として固まっています。つま楊枝で刺して持ち上げても、崩れたり切れたりしません。

本当に芋そのもので、ホクホクしています。使っている芋は、蒸かしただけでも美味しいと思うのですが、煉って滑らかになっている分、さらに食べやすくなっています。

羊羹と言う名のさつま芋ですね。

添加物を一切使用していないので賞味期限が短いですが、安心して食べられます。

余計な味付けをしていないので、アレンジもできます。最初は羊羹として、次はスイートポテト風に。最後はアイスクリームに添えて。和風から洋風、子供から大人まで美味しく食べられる羊羹です。

冷蔵庫で冷やしすぎると硬くなるので、食べる前に常温にした方がいいですよ~。

あんこ玉

表面がつるんとしているので、冷した方が美味しいです。

最初に食べたのはオレンジ。オレンジとあんこってどうなの?と思ったのですが、これがとても美味。オレンジのフレーバーと爽やかな味わいが、夏向き。

コーヒーは少し苦めな大人の味。苦いのが苦手ならドリンクを牛乳にするか、少しコーヒークリームをかけてもいいかもしれません。

丸いので玉ようかんのようにも見えますが、滑らかで軽く握ったようなあんこです。甘いので、芋ようかん→あんこ玉の順番で食べるのがベストです。

芋ようかん・あんこ玉の商品概要

商品名 芋ようかん・あんこ玉詰合せ
製造者 舟和本店
製造者住所 東京都台東区駒形1-9-5
原材料 【芋ようかん】甘藷、砂糖、食塩【あんこ玉】あん、砂糖、寒天、水飴、みかん、練乳、珈琲、食塩、抹茶、香料、酸味料、カロチン色素(原材料の一部にオレンジを含む)
賞味期限 3日
保存方法 10℃以下で保存

芋ようかん・あんこ玉を探す

スポンサーリンク

スポンサーリンク



フォローしていただけるとブログ更新をチェックできます

twitter

-羊羹, 東京都
-