厳選!!全国の人気和菓子お取り寄せ情報館

レビュー・口コミあり。通販で買える一度は食べたいおすすめの和スイーツを随時紹介中。

和菓子の豆知識

せんべい・あられ・おかきの違いって何?

2017/09/23

みなさんは、煎餅、あられ、おかきのどれが一番好きですか?どれも似ていますがちゃんとした違いがあるんですよ。

そこで、せんべい、あられ、おかきの違いを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

「せんべい」「あられ・おかき」の違い

せんべい、あられ・おかきは、どれもお米で作られるお菓子ですが、材料によって種類が分けられます。

米菓として使われるお米には2種類あり、うるち米を使うのが「煎餅」、もち米を使うのが「あられ」「おかき」「揚げ餅」です。

せんべいの特徴

膨らみにくいのが特徴。「草加煎餅」「サラダ煎餅」「ぬれ煎餅」など、硬いものから柔らかいものまで様々です。

実は柿の種もおかきの一種です。

参考埼玉 草加せんべい(大)

参考新潟 南蛮えび煎餅

あられ・おかきの特徴

せんべいと違い、膨らむのが特徴。

あられは氷の粒「あられ」くらい小粒で、おかきはそれよりも大きめです。ただし、定義はお店によってまちまちです。

大きさはあられなのに、名前はおかきの「北菓楼 開拓おかき」

参考北菓楼 開拓おかき「虎杖浜たらこ」

参考播磨屋本店 日月せっと

おかきの名前の由来

おかきは鏡餅を槌(つち)で欠き割って、揚げたり焼いたりしたものです。

「欠いた餅=欠き餅」を丁寧語の「お」を付けて「おかき」となりました。

まとめ

せんべい・あられ・おかきの区別は、作り方(焼く・揚げる)、味付け(塩や醤油など)の違いとは全く関係がありません。

材料が、うるち米かもち米かの違いによって種類が分けられます。



フォローしていただけるとブログ更新をチェックできます

twitter

-和菓子の豆知識
-,