厳選!!全国の人気和菓子お取り寄せ情報館

レビュー・口コミあり。通販で買える一度は食べたいおすすめの和スイーツを随時紹介中。

その他 福岡県

福岡県福岡市の銘菓「鶴乃子」

 

マシュマロと黄身餡の不思議な和菓子「鶴乃子」。前々から食べてみたかったのですが、なかなか巡り会う機会が無くて・・・。

たまたまスーパーで見つけてしまったので、即買いです。

スポンサーリンク

鶴乃子の特徴

  • 真っ白な卵のような形をしている
  • マシュマロに黄身餡が入った和洋折衷のお菓子である

鶴乃子の歴史

銘菓 鶴乃子は、1910年(明治43年)にその産声を上げました。

石村萬盛堂では創業当時から鶏卵素麺(日本三大銘菓とも言われています)を作っているのですが、この和菓子は卵黄だけを使うため、卵白がどうしても余ってしまいます。

そこで初代善太郎が、卵白を泡立て、卵の殻に入れ、そこに餡を入れた淡雪のようなお菓子を作りました。

その後すぐに舶来品であるマシュマロの技術が伝わり、現在の形である「鶴乃子」が誕生しました。

鶴乃子を食べた感想

箱を空けると、甘くていい香り~。黄身餡の強い香りが、和菓子好きにはたまりません。

滑らかでとろっとした黄身餡をマシュマロでコーティングしています。かもめの玉子をしっかりと茹であがった卵とするならば、鶴乃子は半熟卵といった感じです。

黄身が濃く、甘くてとろけるような餡子が絶品です。バニラエッセンスのような香りがして、さらに美味しさが増しています。

外側のマシュマロもふわっとした軽い柔らかさ。表面がちょっぴりパサついていたので、もう少ししっとりしていても良かったかと思います。

全体的には甘さが強めでしたが、とにかく黄身餡が美味しくて、季節限定品の鶴乃子も食べたくなりました。

余談ですが、箱が可愛い卵型。プラスチック製なので、お弁当箱として再利用するのもいいなと思いました。

鶴乃子の商品概要

商品名 鶴乃子
製造者 石村萬盛堂
製造者住所 福岡県太宰府市大字内山456-1
原材料 砂糖、水あめ、白生餡(手亡豆)、加糖卵黄、ゼラチン、コーンスターチ / トレハロース、香料、(一部に卵・ゼラチンを含む)
賞味期限 約10日間
保存方法 直射日光・高温多湿を避け、涼しい所で保存

鶴乃子を探す

スポンサーリンク

スポンサーリンク



フォローしていただけるとブログ更新をチェックできます

twitter

-その他, 福岡県