厳選!!全国の人気和菓子お取り寄せ情報館

レビュー・口コミあり。通販で買える一度は食べたいおすすめの和スイーツを随時紹介中。

山梨県

山梨県笛吹市の銘菓「桔梗信玄餅」

2017/04/14

 

山梨の土産と言えば桔梗信玄餅。

観光で立ち寄った際には、ワインやフルーツと一緒に買って帰る、我が家の定番土産となっています。

スポンサーリンク

桔梗信玄餅の特徴

桔梗信玄餅とは、小さな風呂敷に包まれた一口サイズのきな粉餅です。

  • 安倍川餅を現代風にアレンジしている
  • きな粉にまみれた求肥が3切れ詰まっている
  • 黒蜜は別添(お弁当用の醤油入れに入っている)
  • 添加物などを一切使用していない
  • ぎゅうぎゅう詰めなので食べにくいが、風呂敷を上手く使うと食べやすくなる
  • 風呂敷包みは熟練したおばちゃん達が手作業で包んでいる

桔梗信玄餅の歴史

桔梗信玄餅は、昭和43年(1968年)の正月に試作品が完成し、同年の夏に販売が開始されました。

山梨県には、お盆に黒蜜をかけたきな粉餅(安倍川もち)を供えて食べる習慣があり、それをヒントに作られたのが桔梗信玄餅です。

名前はもちろん、甲斐国主武田信玄にちなんでいます。

桔梗信玄餅と信玄餅の違い

信玄餅には、「桔梗屋(笛吹市)の桔梗信玄餅」と「金精軒(北杜市)の信玄餅」があります。

金精軒の信玄餅は、桔梗信玄餅より後の1972年(昭和47年)に販売が開始されています。当初は両店とも「信玄餅」の名称で販売していましたが、争いを回避するために桔梗屋が「桔梗信玄餅」として名称を変更しました。

したがって、信玄餅を最初に販売したのは桔梗屋で、信玄餅には桔梗がつく餅とつかない餅の2種類があります。

桔梗信玄餅を食べた感想

お餅は羽二重餅のようにモチモチで、きな粉は香りが良く、味もしっかりしています。

濃厚な黒蜜をかけるので、口の中がかなり甘くなりますが、餅、きな粉、黒蜜のバランスが良いので食べやすい味です。

ひとつ残念なことは、美味しいきな粉と黒蜜を頑張ってまぶしても、食べ終わると残ってしまうことです。残さず食べるには、食べ方に工夫が必要です。

※桔梗屋ホームページにて信玄餅の食べ方を紹介しています。

参考桔梗信玄餅のお召し上がり方

桔梗信玄餅の商品概要

商品名 桔梗信玄餅
製造者 桔梗屋
製造者住所 山梨県笛吹市一宮町坪井1928番地
原材料 砂糖、水飴、黒蜜、 餅粉(国産100%)、きな粉(国産大豆100%)
賞味期限 12日
保存方法 直射日光・高温多湿を避けて保存

桔梗信玄餅を探す

スポンサーリンク

スポンサーリンク



フォローしていただけるとブログ更新をチェックできます

twitter

-, 山梨県
-